みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア43「敵の城下町のまん中を大行進した三河武士がいる」

toribia43


『敵の城下町のまん中を大行進した三河武士がいる』

(出典・・『慶長年中卜斎記』・近世日本國民史 家康時代上巻 關原役/徳富猪一郎)

さや様からのネタ提供です(いつもありがとうございます。遅くなって申し訳ありません)。

時は関ヶ原の合戦直前。石田一派と徳川方との関係がすでに相当悪化していた時のこと。
家康は近江の水口というところに駐屯しますが、そこの領主で実は石田一派の長束正家にあやうく暗殺されそうになりました。
しかし、家康だけは何とか長束の使者を騙して水口を脱出します。
…この辺りは有名なエピソードですのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
これはその後に起こった、いかにも三河武士!というエピソードです。


家康が先に水口を脱出した後。
忠勝以下徳川軍はいまだ内袋(滋賀の湖南市あたり?)に駐屯していました。
家康を取り逃がした長束。
「ここで家康の部下たちまでみすみす通すわけにはいかぬ!」
…ある策をめぐらせました。


家康の後を追おうと街道に出る徳川軍、突然長束隊に行く手をさえぎられます。
「馬に乗っている人間はここを通ってはならぬ!」
…つまり軍隊(=徳川軍)は通らせないという長束の指令でした。
「ははは、無理に通ろうとしたらこれ幸い、命令違反の咎で一網打尽にして家康の子飼いの武士どもを根絶やしにしてやるわー!」
徳川軍、四面楚歌です。


一夜にして完全に敵になってしまった国の領内。しかも大将は不在。味方は少人数。普通の将兵だったらどうしたものかとうろたえ悩むところでしょう。中には敵に降伏する者だって出るかもしれません。
だがしかし、彼らは上方衆の想像を超えた異人種、三河武士でありました。

忠勝はそこにいた諸将の鉄砲隊に命じて火縄銃に火を点けさせました。そして…
騎馬隊を下知し、長束の城がある水口の町外れの河原に一列に勢ぞろい。…明らかに長束軍の命令無視です。
完全な臨戦態勢です。
「すわ戦か!?」長束軍にも緊張が走ります。


しかし忠勝は兵士たちに
「エイトウ、エイトウ!」(←※「エイトウ、エイトウ」というのは三河武士団の昔ながらの掛け声。原文『曳とう曳とう』。←この読み方が分からない、と以前書いたところ、その後「曳」は「エイ」と読むのではないかとの御指摘をいただきました。御指摘くださった方、ありがとうございます)と口々に言わせながら川を渡り、
長束正家のいる水口城下を大行進


町の人はびっくりですよ…。
政情不安定とはいえ、豊臣政権下でもう何年も戦がない(たぶん)上方。
そこにいかにも田舎者の、むっさいむっさい三河侍たちが、眼を血走らせながら銃を持って大通りをぞろぞろぞろ…。


そして…数の上では圧倒的に勝るはずなのに、相手の傍若無人ッぷりになすすべもない長束軍を尻目に忠勝以下三河武士団はそのまま堂々と退却(?)していったそうです。


…ちなみにその時の徳川軍諸将とは
本多忠勝、
鉄炮頭服部半蔵、
根来衆を率いる成瀬正成、
槍半蔵こと渡辺半蔵、
加藤九郎次郎、水野太郎作、酒井輿九郎、阿部掃部。

そらうかつに手え出せんわ…



…それにしても。ガン飛ばしながら敵の城のまん前を堂々突破。
君たちはやくざか!(笑)‥


いやあタイムマシンがあったらぜひ見てみたいですね!


「みかぶしトリビア・一覧表」はこちら

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思われた方はクリックお願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。