みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア41「古風だとされる酒井忠次の甲冑は‥」

忠次甲冑


『古風だと言われている酒井忠次の甲冑は実はハイテク』

(出典・・宮崎隆旨氏講演会「徳川四天王の甲冑」レジュメ)

岡崎市で開かれた「徳川四天王展」でも展示されなかった酒井忠次の甲冑、色々威胴丸具足(代わりに別の甲冑がきてました)。

戦国末期、機能性に優れた当世具足(忠勝や康政のような、鉄板を重ねたようなもの)が主流になっていった時代、四天王のうち酒井忠次の甲冑だけはこのような(↑イラスト参照)中世の香り漂う毛引威でした。しかも使いにくいと言われる大袖(板みたいな肩のパーツ)であります。

むむ今で言うなら一人和装で渋谷を歩いているような、昔かたぎの老紳士の装いといったところでしょうか!!
現代人は忠次のこの甲冑を評して「いかにも古武士、古風で頑固なデザインだ」と言います。


‥しかし。

実はこの甲冑、古風だ頑固だと言われながら
ほとんどの部分が革でできた超軽量品なんだそうです。

小札(こざね)という一番ベーシックな作り(小さい鉄板と革を交互に重ねていく作り方)でありながら大部分が硬い革を使った札(さね)、最も強度を必要とする腹と背中の一部に鉄板が使われている程度なんだそうです。
昔の甲冑はこれよりずっと鉄板の比率が多いそうなので、これはハイテク製品ですね。

ちなみに‥対照的なのが家康のいわゆる「歯朶具足」。
伊予札(小札を簡略化した作り)でありながら、胴体全部が鉄製。
総重量は20キロくらいあるそうで、丈夫であるばかりか着ているだけでもかなりのトレーニングになっただろうと推測されます。



さらに、忠次の甲冑は草摺り(腰の周りのひらひら)の数も当世具足のように細かく分けて身体にフィット感を出し、兜(スジ兜)も12枚の鉄板を32枚に見えるように加工してある(つまりそれだけ軽い)など、デザインは重厚でレトロでありながらしっかり最新の技術や流行も取り入れた、実は「おしゃれ」「ハイテク」な逸品だったようです。

むむ、今で言うなら一人和装で渋谷を歩いている老紳士‥でありながらその着物の素材はNASA開発の超軽量保冷素材、よく見るとベ○サーチってロゴが入ってるぞ!といったところでしょうか!?


ただ古いものにこだわるだけではなく、そこに合理性をとりいれるあたり、忠次の人柄が垣間見れるなあと思うわけであります。

図説・戦国甲冑集―決定版 (歴史群像シリーズ)図説・戦国甲冑集―決定版 (歴史群像シリーズ)
(2002/12)
伊沢 昭二

商品詳細を見る



「みかぶしトリビア・一覧表」はこちら

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思われた方はクリックお願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。