みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア39「鳥居元忠は鉄砲玉を…」

toribia39

『鳥居元忠は鉄砲玉を拾わせて部下を守ったことがある』

(出典・・重誠社「鳥居元忠」和田兼三郎 大正11年)

北条攻めの時のこと。

城にこもった敵が激しく銃弾を浴びせかけてきました。兵士たちはパニックになり、あるものは撃たれ、あるものは逃げ惑うばかり。

 しかし、それを見た元忠は何を思ったか兵士に
「皆の者、銃弾を拾え。」
 と命じたのです。

「!???」
うちの殿は何言ってるんだ???

しかし容赦なく撃ちかけて来る銃弾の中、兵士たちはわけも分からずとりあえず命令に従います。
鳥居隊はさながらミレーの「落穂拾い」状態…。

 すると…
城兵が撃った弾は味方の兜の上を掠めていき、味方はその虚に乗じて堀際にたどり着くことができたのだそうです。


 ただ「あわてるな」「伏せろ」というのではなく、具体的な目的を指示することで部下をパニックから救った元忠。トリビア37でもご紹介した元忠の見事な人間心理操作術(?)がここにも出ていますね。

後年…。
家康が関ヶ原の前に(敵に囲まれると分かっている)伏見城に元忠を残したのは「石田方に怪しまれないくらい身分が高い者で、殺してもそれほど惜しくない奴を選んだ。」なんてことも言われますが、実は彼のこんな能力を買ってのことだったのかもしれません。
50年来の男の友情というのは、そんなに単純なもんじゃない…と思うのですよ。
「彦右衛門(元忠)なら、どんなに絶望的な戦いでも最後まで部下を統率してくれるだろう。」

籠城した元忠率いる千八百名の兵士が、四~五万とも言われる西軍を相手に一週間も持ちこたえたのは、伏見城の堅固さもさることながら、こんな元忠の能力と兵士から元忠への厚い信頼があってこそだったと思うのです。

↑画像解説:命令だからと鉄砲玉を拾っていたら、楽しくなって思わず一生懸命拾ってしまった部下たち。城攻めは…?
三河の武士は一途な武士よ~♪

鳥居元忠鳥居元忠
(1996/10)
志津 三郎

商品詳細を見る



「みかぶしトリビア・一覧表」はこちら

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思われた方はクリックお願いいたします

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。