みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア38「直政の家は家康の屋敷の…」

tatebasyakuyaku

『井伊直政の家は家康の屋敷の庭伝いに行けるようになっていた』

(出典・・『天元実紀』)

以前孔が「この話面白いんだけど出典が分からないのでトリビアに書けないよう!」と日記にさりげなく書いていたのをさや様が覚えていてくださって、話の出所を教えてくださいました(ありがとうございます!)。


慶長六年(1601)十月十三日、家康は佐和山の直政の城にやってきました。
直政は頭役などを引きつれ中門まで出迎えます。
やがて家康の輿があらわれ、皆いっせいに平伏。…ところが!

直政の足軽の一人が突然首をもたげ、家康の輿に向かって何事かを大声で叫んだのです。

もちろん足軽はその場で取り押さえられます。天下人に声をかけるなど無礼千万、打ち首にされても文句は言えない所業です!
しかしその足軽、悪びれるどころかけろりとしてこういったといいます。
「それがし、家康様に最近お目にかかっていませんでしたので
、「お久しぶりにお目にかかりまする!」
と申し上げたまででござる。」

頭役は驚きあきれて
「こいつは頭がおかしいんだ。どうしたものか…。」
と同僚と相談しているところへ…

本丸の直政から頭役に呼び出しがきました。
「ひいいいっ、きたあ~!
うちの殿(直政)のことだ、あんな無礼を働いた奴を生かしておくはずがないのは当然として、責任者の俺たちも絶対ただではすまないぞ…!

びくびくして参上した頭役に訊ねる直政。
「先ほど大殿に「お久しぶり」とか申したあやつはどうしておる。」
「は…しかじかで捕まえてふん縛っておきました(きゃああ~声色が穏やかすぎる~こわいよお!)!」

すると…直政の口からは意外な答えが。
「いやいや、それにはおよばぬ。実は家康様がの、そやつに新たに知行を与えよと仰ってな。ま、そんなわけで百石ほど与えてやれ。」

「はあ???」
…わけがわからないまま番頭はとりあえず安心し(そしてたぶんかなり羨ましがって)、その足軽にその旨申し渡しました。

さて、家康の前に再び参上した直政。
家康「あの足軽にはどれほど与えてやったかの。」
直政「はあ、百石ほどやっておきました。」
家康は頭をかいて
「よくよく役に立たん奴なんじゃなあ…
と、直政とふたりで苦笑い。

実はこの足軽、直政が家康の小姓をしていたころから仕えていた者。直政が家康の寵愛深かったころ、
家康は自分の家の庭近くに直政の家を作らせ、そこにちょくちょく通っておりました
この者も直政に付き従って御前に出ていたので家康も覚えていた…というわけだったのです。


…いかがでしたか?最後にさりげなーくとんでもないことが書いてありましたねえ(笑)。
ちなみに原文では「御庭ちかき邊に直政が家居作らしめ折々渡御ありし」となっているそうです。「お庭近き辺り」…つまり庭伝い、ですね。
誰にも知られず通えるように…って、家康何やってんだあ!

さや様からのコメントには『因みに天元実紀は小和田哲男先生の本によると「家康贔屓」な記述らしいです。(贔屓なのにこれを書くのか…と思いました…)』とありましたが、本当にそうですねえ。
直政もいやだったでしょうねえ。40過ぎて昔のあれこれを知ってる奴が、しかも家臣たちの見ている前で出てくるとは…気の毒に。

いやはや。タイムマシンがあったらその足軽の話、ぜひ聞いてみたいです(いやあの、別に変な話をじゃなくて、少年時代の井伊さんの様子などをですよ!)。


「みかぶしトリビア・一覧表」はこちら

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思われた方はクリックお願いいたします↓

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。