みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア29・三傑が同時に一番乗りを果たしたという史料がある




『三傑が同時に一番乗りを果たしたという史料がある』

「井伊年譜」という書物にあった話、として「井伊軍志」にちょこっとだけ記載されている話なのですが‥。

1579年4月25日、場所は遠州馬伏塚(まぶしづか)。
武田勝頼軍を退けるため出陣した家康軍。
そのとき、な、なんと!

本多平八郎、榊原小平太とともに井伊万千代が敵陣一番乗りを果たした

んだそうです!!!

たったこれだけの記述、しかも井伊家の年譜にあるということは、きっと嘘っぱちに決まってる(よくある、「うちのご先祖偉いんだぞ」系のつくり話)!‥とはおもうんですが、
そんなことはどうでもいいんです!
(以前も言ったように、このトリビアの選考基準は
「多少胡散臭くても管理人・孔がわくわくした記述」なのです)

‥このシンプルな記述に、なんだかいろんな想像を掻き立てられてしまいませんか?
当時忠勝・康政31歳。
姉川も三方が原も乗り越えて、二人とも徳川軍に無くてはならないまさに「旬」の若き猛将です。
本多・榊原二将の先陣争い‥というだけでもわくわくしますよね。
たぶんこの時、徳川最強の二人の英雄の「真剣勝負」に、他の三河武士たちも少し遠慮して見てたんじゃないかしら。

そこに(たぶん)突然割って入った‥19歳の、小姓万千代。
敵も味方も、みんな絶対こう思った。
「なんじゃいあいつは!?」

きゃ~!!直政ったら生意気~!!

当時、直政はもちろん自分の軍勢などはもっていなくて、給料も3000石くらい(18000石という記述もあるそうですが、井伊軍志の著者・井伊先生は「不自然である」と退けられています)。
他の二人に勝るものといえば数年前に
家康にねだって拝領した栗毛の名馬だけ。
それと、
「譜代家臣の中で生き残ってやるじゃ!」
‥という、燃えるようなプライドとハングリー精神。

こんな直政くん、家康はかわいくて仕方なかったでしょうねえ。
忠勝や康政も「生意気だなこの若造」と思いつつ、まあ二人ともできた人なので彼をかわいがったことでしょうね
(まだこのころは赤備えを直政に持っていかれるとは思ってもいないやさしい康政‥)。

←イラスト解説
‥そんな三傑君たちに打ち負かされた武田軍の、(昔の)軍師。
彼も東三河出身なんですねー。
ちなみに岡崎には「山本勘助の墓」なるものがあるそうです(市橋先生が教えてくださいました)。
‥相変わらず岡崎は戦国ミステリーランドであります

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思った方はクリックお願いいたします↓

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。