みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア27・たのきんトリオが昔、三英傑を演じたドラマがあった




『たのきんトリオが昔、三英傑を演じたドラマがあった』

(出典・管理人うろ覚え←おい)

さて、今回は管理人が資料を調べる手間を惜しんだため(ネットで検索しても出てこなかったので‥)記憶を頼りにしています。
でも当時は全国の婦女子が見ていた番組なので、30代以上の女性ならご存知の方もけっこうおられると思います。


当時田原俊彦・近藤真彦・野村義男のジャニーズ「たのきんトリオ」といえば、非常に人気がありました。
中でもトシちゃん、マッチの二人はものすごく、管理人も若いころは友人どもとトシちゃん派かマッチ派かで大いに騒いだものです(今の若い人には信じられない事態でしょうが、当時は男性アイドル自体の数が少なかったのです)。
ああ、ちなみに私はマッチ派で明菜ちゃん派でケイちゃん派でしたよ(誰も聞いてない)。

そんな彼らはレギュラー番組をもっておりまして、その中でなんと時代劇コントの様なものをやっていたのです。

その名も「たのきん太閤記(だったと思う)」

なんと、トシちゃんが織田信長に、マッチが豊臣秀吉に、そしてヨッちゃんこと野村義男が徳川家康に扮して、今で言うスマスマのコントみたいなものをやっていたわけです(べつにこの中の誰かが大河に出演していたわけではまったくないです‥当時はアイドルが大河の主役を張るなど考えられない時代でした)。

時代は家康が今川の人質時代のころから、桶狭間の後まで位だったと思います。
コントとはいってもセットも作ってなかなか本格的な歴史パロディとしてやっていました。

当時は大河ドラマ「徳川家康」が大変なブームでしたので、普通の若い子も歴史ものをある程度知ってた、というより家康ブームに民放が便乗した企画だったように思います。

それが結構、子供心に面白かったのです。

記憶にあるものだけ2~3ご紹介しますと‥

☆今川義元にいろいろと屈辱的なことを言われても必死で耐え忍ぶ、人質時代の松平元康(ヨッちゃん)。
そんなある日、義元からよりによって
「そちの故郷三河には三河漫才なるものがあるそうじゃの~。そなたやってみせてみい!」
といわれる家康(ヨッちゃん)。
ぶ、武士にそのようなことをさせるとは‥怒りに震える家康。‥しかし!
ころっと態度一変、陽気に漫才を始める家康。
ナレーション(うろ覚え)「耐えろ、耐え忍ぶのだ元康‥今は我慢のときぞ!」
すごく陽気に漫才してる元康の姿。
(字にするとなんですが、面白かったんです‥)


☆桶狭間で義元が討たれ、自由になる元康。
感涙にむせぶ家臣たち(感動的なシーン)。
元康「わしはこの、義元の下という字が入った元康という名を改めようと思う。」
家臣「おおっ、殿~!」(有名なシーンですね)
ぱらり。
「徳川家康」と新しい名を書いた紙をみんなの前に見せるヨッちゃん。
家臣「おお~~!」
「わしの名は今日よりこれじゃ!トクガワ、イエコウ!」
家臣一同、こける。
(字にするとなんですが、面白かったんですってば^^)


ほかに、藤吉郎マッチをライバル視する男(光秀?)がマッチに勝負をふっかける話とかもありました。たしか。

「どうする、藤吉郎」
という信長の問いに、一言渋く、
「‥やるっきゃない」
と答えるマッチ。
(当時、「やるっきゃない」はマッチの専売特許の口癖でした)
(‥面白かったんですよう~当時は~!!!)


今となっては確認するすべもありませんが(すみません、あやふやなトリビアで)、最近マッチも復活したことですし、もしDVDとかになったらみてみたいものです。
それにしても、当時はトシちゃんマッチに隠れて陰の薄かったヨッちゃんがいまやギタリストとして一番かっこよくなっているとは‥ちょっと家康っぽくていいかもしれません。


「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思った方はクリックお願いいたします↓

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。