みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア26・忠勝は幼い頃、7~8キロを2時間で走っていた




『忠勝は幼いころ、7~8キロを2時間で走っていた』

(「知っておきたい岡崎の人物伝第12号・本多忠勝」市橋章男・情報文化社)


さて、今回のトリビアは出典の筆者の方から直接いただいたものです。

以前、孔のHPの「家康行列レポート」で、岡崎に

「平八稲荷」

というものがある、とご紹介しましたが、それについて何人かの方からメールを戴きました。

その中で、なんと以前家康行列レポートの中でご紹介した本「知っておきたい岡崎の人物伝」の筆者の方自らがメールを下さり、平八稲荷のあった場所に関する、忠勝のエピソードを教えてくださいました。
幸いネットでご紹介する許可を戴けましたのでご紹介させていただきます。


忠勝(幼名は鍋之助)が生まれてすぐに父を戦で失ったことは四天王ファンのみなさんならご承知のことでしょう。

では9歳で駿府の竹千代のもとに行くまでの数年間、忠勝がどうしていたか‥?
実は‥後の「合戦師」本多忠勝を作ったのはまさにこの数年間だったのです!


以下、戴いたメールからの抜粋です。

「平八郎は幼年のころ、欠城の叔父、本多忠眞のもとで育てられていました。

忠眞は平八郎をわが子のように可愛がり、厳しく育てたようですが、
主君(竹千代)に仕えるためには、走ることができなければだめ、ということで

欠城(現在の大平八幡宮あたり)から、能見松平重吉の城まで使いにやらされたそうです。

平八郎の「マラソンコース」は欠城~能見城~道草~欠城。

往復7~8キロもあるコースを、今で言うと幼稚園の子供が2時間程度で走ってきた勘定です。

能見の松平重吉も平八郎を可愛がったことでしょうね。」


‥私が見つけた、かの「平八稲荷」、実はその場所というのは奇遇にもその松平氏の居城の城外だった場所だそうです!


さらに先生のお話によりますと、
「「平八稲荷」という名の祠は、実は全国にいくつかある」とのことです。

また、別の方からのメールによりますと、「平八稲荷」というものは足助(愛知県)に起源があるものだそうです。


‥忠勝ゆかりの地ということで誰かが平八稲荷をもってきて建てたのか、
もともと足助から来たお稲荷さんがそこにあり、それを見て鍋之助が
「俺も立派な平八郎になるぞ(平八郎と言う名前は忠勝の五代前くらいから本多宗家の跡継ぎに使われています)!」
と思いながら走っていったのか。

う~ん、たかが神社一つですが、歴史のロマンをかきたてられますね。
調べてみるとなかなか奥が深そうです、平八稲荷‥。


なにはともあれ、
「天才の陰にスパルタ教育あり」‥。

ましてや戦国、ましてや三河。

文字通り「生き残る」ために、叔父も母も必死になって鍋之助少年を育てたのでしょう。

何しろ本多家では1545年(忠勝の生まれる3年前)、忠勝の祖父・忠豊が主君広忠の身代わりとなって安祥城で死亡。

その四年後には父・忠高がわずか22歳で同じ安祥城に単騎駆けし、敵の矢を受けて死亡しているのですから‥。

(だからてっきり忠勝は一人っ子なのかと思いきや、実は姉妹が二人もいるらしいですが、まあそれは下世話な話‥ごほっ)。


いまやゲームで大人気・戦国最強の武将の一人といわれる本多忠勝。

しかし彼はそこに突然現れたのではなく、本多一族、ひいては三河の悲劇的な歴史が生み出した一つの結晶、芸術品なのかもしれません。

ちなみに出典とさせていただいた市橋章男先生の「知っておきたい岡崎の人物伝」シリーズは岡崎市内の書店で購入可能だそうです。

第12号・本多忠勝編には今回のエピソードももちろん収録されております。
忠勝のほかにも石川数正・井伊直政・鳥居元忠などが発売されていて、どの巻も綿密な現地取材と歴史上の人物への愛情あふれる文章で読み応え十分です。
岡崎に行かれた際は(また、岡崎に知人友人のいる方は)ぜひお求めになってみてください。


↑イラスト解説・「鍋之助・初めてのお遣い」
どーも忠勝と言うとあの般若みたいな肖像画のイメージが強くて、「あどけないがきんちょ」時代があったとはなかなか思えない‥。

高校時代のゴジラ松井みたいな(ごめんなさい)子供時代だったんじゃないかしら(松井選手も今は髪も伸ばしておしゃれになりましたよね‥)。

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思った方はクリックお願いいたします↓

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。