みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア23・「出奔したのは石川数正ではなく、石川康正」




『出奔したのは石川数正ではなく、石川康正』

(出典・「信州松本史談」中島次太郎/明倫堂書・松本と岡崎の図書館で見つけたどなたかの論文←すみません、今度探してお名前調べます)


実は数正の息子は3人いますが、それぞれの名前は康長、康勝、康矩。
ここで何か変だと思われませんか?
‥あれ?「数」の字も「正」の字も付いていない‥。

これは数正が出奔当時「石川康正(昌)」と名乗っていたせいで、その後元服した息子にこの「康」の字を与えたためだと思われます。
長篠合戦図屏風などには確かに彼のことを「石川康昌」と書いてあります。

じつは数正出奔の数ヶ月前、主君家康が数正に自分の名前の一字をなぜか数正に与えたのだそうです。
なぜこの時期に?
榊原康政のように、戦ですごい働きをしたとか明確な理由があるのならともかく‥。

出奔数ヶ月前‥このころはすでに秀吉との和平案を唱える数正の立場は相当きわどいものになっていたと思われます。
もちろん、裏切るのではないかといううわさも公然とささやかれていたはず(一説には秀吉が数正を孤立させるためにそういううわさを流したとも‥)。

資料にした本の著者の説のよると、主君家康は数正を信頼しているということを示すために、あえてそういうパフォーマンスをしたのではないかとか‥。

なんだか仮面夫婦とささやかれている芸能人カップルがことさら仲がいいところをマスコミに見せようとしてるみたいです(そしてしばらくしてやっぱり離婚するんだな)。


ですが数正は出奔してまもなく改名して天正14年ごろには「石川吉俊」または「石川吉輝」と名乗っていたそうです。

だったら息子にも「吉」の字をつければいいのに、そうしなかったのはやっぱり家康への忠誠心があった、少なくとも家康個人を嫌っていたのではなかったのだと、私は思いたいのですが。


↑今回の挿絵について‥
大河「徳川家康」では私は「伊賀越え」の回が一番好きです。
ふだん触れ合うことのない百姓たちとの係わり合いの中で困難を次々に克服し、人間的成長を遂げる家康。
岡崎に向かう船の上で朝日に思わず手を合わせる主人を見てほかの家臣は
「殿はよっぽどうれしかったんじゃろうなあ。三方が原での敗戦でも、手を合わせることはしなかったのに。」
などといっている中、数正だけはそんな殿をいとおしそうに見ているのです(本当に、ず~っと無言でうっとりと見てるんです、江原真二郎さんが!)
たったこれだけのシーンですが、この後の展開の大きな伏線なのです。
たぶんこのとき数正は殿のために自分のすべてを投げだしてもいいとか思ったのです!きっと!

それやこれやを考えると‥いやもう、ゴールデンタイムにこんな映像流していいんですかってくらい‥色っぽいシーンでありました。

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思った方はクリックお願いいたします↓

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。