みかぶしトリビア・リニューアル

三河武士に関する意外な(ちょっとうさんくさいことも含めて)真実。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トリビア43「敵の城下町のまん中を大行進した三河武士がいる」

toribia43


『敵の城下町のまん中を大行進した三河武士がいる』

(出典・・『慶長年中卜斎記』・近世日本國民史 家康時代上巻 關原役/徳富猪一郎)

さや様からのネタ提供です(いつもありがとうございます。遅くなって申し訳ありません)。

時は関ヶ原の合戦直前。石田一派と徳川方との関係がすでに相当悪化していた時のこと。
家康は近江の水口というところに駐屯しますが、そこの領主で実は石田一派の長束正家にあやうく暗殺されそうになりました。
しかし、家康だけは何とか長束の使者を騙して水口を脱出します。
…この辺りは有名なエピソードですのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
これはその後に起こった、いかにも三河武士!というエピソードです。


家康が先に水口を脱出した後。
忠勝以下徳川軍はいまだ内袋(滋賀の湖南市あたり?)に駐屯していました。
家康を取り逃がした長束。
「ここで家康の部下たちまでみすみす通すわけにはいかぬ!」
…ある策をめぐらせました。


家康の後を追おうと街道に出る徳川軍、突然長束隊に行く手をさえぎられます。
「馬に乗っている人間はここを通ってはならぬ!」
…つまり軍隊(=徳川軍)は通らせないという長束の指令でした。
「ははは、無理に通ろうとしたらこれ幸い、命令違反の咎で一網打尽にして家康の子飼いの武士どもを根絶やしにしてやるわー!」
徳川軍、四面楚歌です。


一夜にして完全に敵になってしまった国の領内。しかも大将は不在。味方は少人数。普通の将兵だったらどうしたものかとうろたえ悩むところでしょう。中には敵に降伏する者だって出るかもしれません。
だがしかし、彼らは上方衆の想像を超えた異人種、三河武士でありました。

忠勝はそこにいた諸将の鉄砲隊に命じて火縄銃に火を点けさせました。そして…
騎馬隊を下知し、長束の城がある水口の町外れの河原に一列に勢ぞろい。…明らかに長束軍の命令無視です。
完全な臨戦態勢です。
「すわ戦か!?」長束軍にも緊張が走ります。


しかし忠勝は兵士たちに
「エイトウ、エイトウ!」(←※「エイトウ、エイトウ」というのは三河武士団の昔ながらの掛け声。原文『曳とう曳とう』。←この読み方が分からない、と以前書いたところ、その後「曳」は「エイ」と読むのではないかとの御指摘をいただきました。御指摘くださった方、ありがとうございます)と口々に言わせながら川を渡り、
長束正家のいる水口城下を大行進


町の人はびっくりですよ…。
政情不安定とはいえ、豊臣政権下でもう何年も戦がない(たぶん)上方。
そこにいかにも田舎者の、むっさいむっさい三河侍たちが、眼を血走らせながら銃を持って大通りをぞろぞろぞろ…。


そして…数の上では圧倒的に勝るはずなのに、相手の傍若無人ッぷりになすすべもない長束軍を尻目に忠勝以下三河武士団はそのまま堂々と退却(?)していったそうです。


…ちなみにその時の徳川軍諸将とは
本多忠勝、
鉄炮頭服部半蔵、
根来衆を率いる成瀬正成、
槍半蔵こと渡辺半蔵、
加藤九郎次郎、水野太郎作、酒井輿九郎、阿部掃部。

そらうかつに手え出せんわ…



…それにしても。ガン飛ばしながら敵の城のまん前を堂々突破。
君たちはやくざか!(笑)‥


いやあタイムマシンがあったらぜひ見てみたいですね!


「みかぶしトリビア・一覧表」はこちら

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思われた方はクリックお願いいたします。

スポンサーサイト

PageTop

トリビア42・戦国時代に「崖の上のポニョ」‥

ponyo

『戦国時代に「崖の上のポニョ」っぽい絵を描いた武将がいる』

(出典・・松平家忠「家忠日記)

今このページを開いた人が一斉に「うそこけー!!」といっているのが聞こえる‥(笑)。

この絵を描いたのは深溝(ふこうず)松平家の4代目、松平家忠という戦国武将です。今年この人の子孫の墓所からお宝が出土して大騒ぎになった(詳しくはこちら)ので、「深溝松平」という名前はご存知の方もいらっしゃるでしょう。

家康配下の武将であったこの人は生前「家忠日記」という日記をこまめにつけており、戦国時代を知る超一級資料となっています。
何より貴重なのはこの日記が写本ではなくご本人直筆の原本で残っていることでしょう。
実はこの人、なかなかお茶目だったらしく、日記中にはご本人が描いたとおぼしき落書きも多々残されております。

上の絵はその中でも一番有名な「人魚の図」というものです。
ある日「琵琶湖で人魚が発見された!」という噂を遠く三河の深溝で聞いた家忠さんが、
「こんなんかなー?」
と想像して描いた絵なんだそうです。

‥人魚というと我々はリトルマーメイドみたいな、腰から下が魚の人間を想像してしまいますが、これはどちらかというと首から下が魚。
‥こ、このフォルムは‥‥‥ポニョ!?

なーんと、400年以上前に日本でポニョっぽい絵を描いた人がいたんですねえ!
(ジブリファンに怒られそうだ)
ま、あくまで「っぽい」ですから!検索で間違って来ちゃった方も広い心でお許し下さい。


‥ちなみに。
このほかにも日記中にはさまざまな落書きが残されております。中には後世の人が勝手に加筆したものもあるそうですが(加筆するなよ‥)、素人目にはわかりませんので、ここではその中でも孔が面白いと思ったものをいくつかご紹介します。

それでは家忠画伯の魅惑の世界へ、あなたもどうぞ!!

sugoroku夫婦で何かのゲームやってるところ?仲良かったんだね、きっと。

gohan今日のご飯。その辺のブログとやってることはあまり変わらない。

geijutu結構芸術的だ。

tori2tori
日記の中でも暇さえあれば狩りや魚とりをしていたことが伺える家忠さん。そのせいか動物は結構上手。

inuま、こんなのもありますが。これは何?‥物憂げな犬。

saru当時は深溝にも猿がいたのだろうか。

huneこんな風に魚獲りしてました。なにげに水の描写が上手い。

oni鬼?なんか現代でも「よい子はここで遊ばない」の看板に描かれてそうなイラスト。
「マンガのような目」は当時からあったんですね~。

kyara2頭の上のキャラが超気になるんですけど!

kyara右の人がいい味出してるね‥。こういう部下がいたんだろうか。

zatugi雑技団?

kiruこういう絵を見ると「ああ、戦国の人なんだなあ」と思う。

horyo捕虜?それとも着物がない人たち??


‥いかがでしたか?
「家忠日記」は本文も信康事件や数正出奔の時のことが徳川の一武将の視点から描かれていて、読んでいるとまるで自分がその時代の武将になったかのような錯覚に陥る面白い日記です(ま、ほとんどはシンプルな記述なんですが)。


今年の秋にはこの日記を収蔵している駒澤大学で家忠日記が全面公開されます(詳しくはこちら)。
興味のある方は見に行かれてはいかがでしょう。

松平家忠日記 (角川選書)松平家忠日記 (角川選書)
(1999/03)
盛本 昌広

商品詳細を見る


史料大成 續第19巻 増補 (2)史料大成 續第19巻 増補 (2)
(1981/05)
竹内 理三

商品詳細を見る


「みかぶしトリビア・一覧表」はこちら

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思われた方はクリックお願いいたします。

PageTop

トリビア30・松平清康は叔父をやりこめた部下に褒美をとらせた

90.jpg



『松平清康は叔父をやりこめた部下に褒美をとらせた』


(出典・たぶん「桜井町史」とって来たコピーに出典を控えておくのを忘れた‥)

久々のトリビアです。今日は最近管理人が異様にはまっている二人‥家康の祖父・松平次郎三郎清康と、その叔父でライバルで後見人・松平内膳正信定についてです。

松平清康といえば宮城谷先生の小説「風は山河より」では少年のような、それでいて鬼神のような、天使のような、会う人全てをひれ伏させる、とにかく大人物として描かれていますが‥。

「三河物語」にはこんなブラックな清康が描かれています。

清康が安祥にいるころ、城内で能の舞台が開かれました。
清康はもちろん、叔父で後見人の信定やその他大勢の家臣たちも鑑賞することになりました。

このとき、落合嘉兵衛という身分の低い家来が、間違えて信定の席へ座ってしまいました(なんで間違えるかなあ)。
当然、信定がとがめたのですが‥落合は軽く受け答え、かえって信定をやりこめてしまったのです!

当然、清康はこの部下を罰し、叔父さんに謝る‥はずなのですが。

このことを知った清康は、なんと落合を褒めて、禄高が四貫文だったのを五貫文加えて九貫文に取り立てた、といいます。

清康、ひっっどーい!‥
確かに松平の跡目をめぐって、叔父さんとはしっくり行ってないですよ。でも、でも。
これではいじめを助長しているようなもんではないですか。
信定叔父さんにうらまれて当然ですよ‥ていうか、よく我慢したなあ叔父さん(まあ、本家の家臣をいきなり斬るわけにはいかないでしょうけど‥)。

もっとも、この本にも「三河物語は主家の先祖松平とその家臣褒めようとしているのだから、多少はオーバーに書いてあるとは思うが」とは書いてありましたが、本当のところはどうなのでしょう。

あるいは‥
清康にも意地があって、ここで叔父さんに遠慮して部下を罰したらそれこそなめられる、と思ったのかもしれません。いくら叔父御でも分家筋。ここは主家が絶対なのだと知らしめておこう、(それにしても褒美までやらんでも‥と思うのですが、何か事情でもあったのだろうか)。

もちろん「風は山河より」ではこのエピソードは見事に無視されております(^^)。そりゃあキャラが破綻してしまうからなあ‥。

孔としては「風は山河~」の、叔父様からの憎しみも軽く受け流してしまうサワヤカ清康も、こんなふうに対決する気満々なダーク清康も両方好きなのですが‥。
みなさんはどうですか?

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思った方はクリックお願いいたします↓

PageTop

トリビア22・岡崎警察署の前にある交通安全の看板には”厭離穢土 欣求浄土”と書いてある




『岡崎警察署の前にある交通安全の看板には”厭離穢土 欣求浄土”と書いてある』

出典・岡崎警察署前の看板)

こんばんは、孔です。

孔がしばしばお世話になっている岡崎図書館。その隣にある岡崎警察署の前にいつも気になっている大きな看板があります。

片面には「あなたはシートベルトをしていますか」という標語。
‥ま、これはいいとして。

もう片面には
「厭離穢土 欣求浄土(穢れた世を厭い、浄土を求める)」
‥ええっ!?

交通安全を訴える看板で、「浄土」に行ってしまってはまずいんでは??

いきなりこんな看板が現れたらドライバーも驚くんじゃないかしら。

「浄土を求める!?ええ~!?」

本当は「交通事故のない世の中」=「浄土」というくらいの意味なのでしょうけどね(でも突然こんな標語を出されてそんな深遠な意味がわかる人はいないと思う)。

なにはともあれ、「家康公のふるさと」という地域性を感じるこの看板、どなたの発案かは存じませんが、当たり障りのない交通標語よりも私はずっと好きです。

「へえ~」ボタンの代わりに拍手ボタンをつけました。
「へえ~」と思った方はクリックお願いいたします↓

PageTop

トリビア14・三河武士の代名詞・唐の頭は拾い物

15.jpg


『三河武士の代名詞・唐の頭は拾い物 』

(出典・「酒井忠次公傳」桑田忠親・先求院堂宇修繕後援会)

「家康にすぎたるものが二つあり 唐の頭に 本多平八」

これはご存知のとおり、一言坂での忠勝の勇戦振りを称えて武田方の者が書いた落首だとされています。

この「唐の頭」というのは舶来品のヤク(シャグマ)の毛で作った兜飾りのことで、三河武士の十人に七・八人はこれをつけていたそうです。つまり三河武士の代名詞だったわけです。

ですがここでひとつの疑問。

貧乏で質実剛健が売りの「いも侍」三河武士が、何故高価なヤクの毛を大量に手に入れることができたのでしょうか!?

第一主人はあのけちな家康なのに‥
※追記…「唐の頭」は信長にもらったという説もあるそうですが、このコーナーは多少うさんくさくてもおもしろそうな話のみを載せるというコンセプトなので敢えて無視します!

こんな私の数年来の疑問に答えてくれたのが、前回のトリビアでご紹介した、昭和14年発行の、「酒井忠次公傳」です。

それによりますと‥。


永録九年頃、三河片浜に一艘の南蛮船が漂着しました。早速三河三奉行が行って調べてみると、中にはさまざまな珍しいものが。
その中に「唐の頭」と呼ばれる獣の皮がたくさんあったのです!

三奉行はこれを取って(取るなよ‥)家康に献上すると、家康はたいそう喜び(そりゃあタダだもんな)、蛮人どもに(←と、この資料には書いてあるのでそのまま書きます)米や鳥目(←?)などを与えてこれ(←「蛮人ども」のことですね)を直ちに送りかえしたそうです(ひどい‥)。

さて、格安で手に入れたものの、三河人の誰もこの「唐の頭」がどんな動物なのか知らない。‥こまったな。

家康は学者たちを集めて聞いたが誰も答えられない(そりゃあ生物学者じゃないもの‥)。

ところが、龍海院の物外和尚という人が

「唐の頭という獣は安南国にいる獣で、人の善悪を見分け、心中に悪意あるものを食いころし、善なるものにはなつきます。それゆえ安南国では朝敵退治のときは真っ先に進んで駆け、賊を退治すといわれています。
その勇猛にあやかり、唐の国ではこの「唐の頭」の毛を兜に着けるのだそうです。」

と明確に答えたので、家康は和尚の博識を賞賛し、唐の国に倣って諸将に唐の頭を分かち与え、武具に着けるように命じたのだそうです(通航一覧巻の177・安南国部7)。


ななな何と、「唐の頭」は漂着した外国船からいただいたものだったんですね~!(一応米などと引き換えたみたいだけど、実際の代金よりも絶対少なかったでしょう‥)


この和尚の言ってる事が正しいかどうかは別として、一応「唐の頭」にはそういう意味があったんですね‥。

しかし、はるばる貿易しにやってきた南蛮船の商品をもらっといて「悪意あるものを食い殺し、善なるものになつく」も何もねーだろ‥と思うのですが。

それでいいのか三河武士!?あ、君命だからいやでも着けなきゃだめなのか‥。

これからヤクみつるを見かけたときには、「お家の犬」こと三河武士の忠誠心に思いをはせてみてください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。